食べる事が即ち食であると言う事です

私たち人間が口に入れて食物を食べると言う事を食と言います。
食べる物は何であるにしろ、朝からお昼、そして夕方、夜に食べる事を食生活と言う訳です。
そしてこの食については、一概には言えませんが、主食と副食と言う食事のスタイルがあります。
この主食と言うのがその殆どが毎食必ず必要であると言う食べ物です。
それがご飯、つまりはお米です。
そしてそのご飯に合わせての食べ物と言うのが副食と言う事になります。
大凡この主食と副食と言う食文化と言うのが古から伝承されている日本の食文化と言う事になります。
大凡そのスタイルは昭和の半ばごろまでが日本の食生活には当たり前の風景です。
時代が流れて今では、その食文化もかなり種々多様化されています。
まだ主食がご飯と言う事に変わりはないですが、欧米からも様々な食べ物が日本に伝わり、ひとつのメニューと言うのが多いです。
その他、野菜、肉類、魚介類、様々な食材で食の体質がかつてより全く異なると言う事も有り得ます。